加齢黄斑変性の進行が止まる

もともと右目が強い近視だった私は、幼いころから眼鏡をかけていました。矯正視力で不自由なく暮らしていましたが、状況が一転したのは数年前でした。車を運転していると、まっすぐなはずの電柱や歩道が波打つようにゆらゆらとゆがんで見えたのです。さらに真ん中は黒く塗りつぶしたように見えなくなり、驚いて眼科へ駆け込みました。

診断の結果は左目の加齢性黄斑変性症。レーザーなどの手術方法もあるそうですが、成功率が低く、視力低下や視野の縮小、最悪の場合は失明するリスクもあると聞き、恐ろしくて手術に踏み切れませんでした。ただでさえ近視の右目は最近になって白内障の症状も出てきたので、万が一の場合に右目だけに頼ることはとてもできないと思ったのです。

手術はせず、定期的に検査を受けることになったのですが、通院では白内障の目薬をもらうだけで、特に黄斑変性症の治療はありませんでした。何もしないのですから当然、症状も改善しません。それどころか黄斑変性症になるまでは矯正視力で1.0だった左目が、0.5まで落ち込んでしまったのです。

私は「このまま放置したら失明してしまうかも」という恐怖と不安に駆られました。その後、加齢性黄斑変性症の名医がいるという専門病院に転院しましたが経過観察という見解は変わらず、「老化現象だから仕方がない」と言われてしまったのです。

なんとか対処してくれる先生はいないものか、もっと探してみようかとも思いましたが、車の運転ができないので、タクシーや人に頼るしかなく、通院もひと苦労。そんな状態で、先生を探す気力はとてもありませんでした。

目が悪くなると普段の生活で不便に感じることが多く、私が一番困ったことは家事でした。特に料理は、手元が見づらくて包丁を扱うのも怖いし、ニンジンのみじん切りをしたつもりでも、よく見ると欠片が大きくてとてもみじん切りには見えなかったのです。

また、当時は背中が痛くて整体にも通っていたので、家事はとても疲れるものでした。健康食品やサプリメントも試しましたが効果はなく、漠然とした不安を抱えたまま月日だけが過ぎていきました。

それから約2ヶ月後。私は目のことを相談した友人に「ルテイン」のことを教えてもらいました。とった人の体験談を聞いた私は、わずかな期待を抱いて試してみること沓車にしたのです。最初の変化はとり始めてから約~3ヶ月後。左目の視力がわずかに向上していました。「これは良い傾向だ」と期待したものの、それからしばらくは変化もなく、気付けば3年が過ぎていました。

その間、左目の視力は0.3とわずかに下がってしまいました。しかしルテインをとり始めた当時、0.04だった右目の視力は0.09に回復。さらにその3年間、眼科での治療はしておらず、食生活や生活習慣で特に改めたこともないのに加齢性黄斑変性症の症状の進行は見られませんでした。

一般的に何もしなければ老化とともに悪化したり、片目が黄斑変性症にかかると、遅かれ早かれもう片方の日も黄斑変性症にかかったりすると聞きます。それでも変化がないということは、私の場合は、ルテインが病気の進行を食い止めてくれたに違いないと思ったのです。

これは今後もルテインを信じて続けるべきだと思いました。もちろん、その後も手術はせずに目の状態を維持しています。しかも、最近少し視力が回復したのか、見え方がすっきりして、テレビが見やすくなった気がします。もし、このまま症状が悪化せず、視力がもう少し回復したら目の病気でやめてしまった習字のお稽古を再開したいですね。

いまは日中、家事に追われていますが、そのうち近所の料理教室にも通いたいと思っています。こうしてささやかな夢を抱けるようになったのもルテインのおかげ。いまは糖尿病の親族も、合併症による眼病予防のためにルテインをとっています。私のように目が悪くなってからでは回復も遅れがちなので、目を使うような仕事をしている人は早めに目のケアをするべきだと思います。その予防策としてルテインはおすすめですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です