黄斑変性症の術後、視力が低下したが文字が鮮明に見えるまでに回復

右目に違和感を感じたのは、数年前の1月。ものがゆがんだり、ぼやけたりと不自然に見えるようになったのです。最初は疲れているだけだと気にしないでいたら、みるみる症状が悪化。ついに家中がゆがんで見えるようになってしまいました。何もかもがゆがんで見えるため、書いた文字は変に曲がってしまい、手紙も人から見ると判読不明な状態にまで悪化しました。

目をこらして見ようとすればするほどゆがんで見えるので、「これはおかしい」と思った私はようやく病院に行くことにしたのです。診断の結果、発覚したのは加齢性黄斑変性症。失明率の高い目の病気と聞いて驚きと悲しみに襲われましたが、幸運にも加齢性黄斑変性症の名医に手術してもらえることになりました。

そして手術は無事に成功し、正常な視界を取り戻すことができたのです。家具や文字がまっすぐに見えるようになり、とてもうれしかったのもつかの間、再び苦難が私の日を襲ったのです。手術は成功したものの、しばらくすると、またものが見づらくなってきたことに気付きました。そこで検査をしてみると、なんと手術後0.5あった右目の視力が0.1にまで落ちていました。車の運転もできなくなりその後、誰かに頼らないと外出できなくなりました。
数年後、左目まで加齢性黄斑変性の診断が下されてしまいました。
主治医から手術についてどうするか?聞かれましたが、右目の視力低下もあって通院の投薬治療を選びました。
しばらくツライ症状はつづきましたが、知り合いに「ルテイン」を進められました。

ルテインを飲み始めて2~3年はほとんど変化を感じなかったのですが、私は「ここでやめたら努力が無駄になってしまう。きっとよくなるに違いない」と信じてとり続けました。

そんな私に希望の光が見えたの3年半経過してのことでした。視力検査で右目は0.1から0.3へ。左目は0.02から0.07に上がっていたのです。確かにそのころはいくらか見やすくなつた気がしていたので、視力検査で明確に視力の向上がわかってうれしかったですね。

病院では白内障の目薬をもらっていただけなので、やはりルテインのおかげだと思っています。視力の向上は日常生活でも実感できました。

いままで見えなかった血圧計の数字が読み取れるようになり、ゆっくりですが新聞も読めるようになったのです。字が見えるようになつたおかげで、私は再び字を書く気になれました。自分で書いた文字が見えるのがどれほどうれしいことか。きっと目の病気を経験した人でなければわからないと思います。
いまでは辞典を見ながら友人や知人にハガキを書くのが趣味。ハガキでルテインのおかげで視力が改善したことを報告しています。さらに最近は電動自転車を使って散歩も楽しめるようになりました。

目が悪くなり、自転車を手放すことも考えましたが、改善を信じて大事に保管しておいてよかったです。いまでは電柱や人の往来もはっきり見えるようになったので安心して乗れますね。家族も「本当に目が良くなったんだ」と驚いています。
自由に出かけられるようになって、気持ちも晴れて明るくなりました。あのときルテインを信じて飲み続けて良かったです。字の練習をしてもっときれいに書けるようになりたいので、これからもルテインは欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です